トップ > DVD[鉄道] > カラーフィルムのSL(蒸気機関車)たち 〜北海道編〜【DVD】【予約】

カラーフィルムのSL(蒸気機関車)たち 〜北海道編〜【DVD】【予約】

品番:DR-4189 ドルビーデジタル 70分
2018年4月21日発売

 

「モノクロームの列車たち」の撮影者・上杉茂樹氏によるカラーフィルム作品集
昭和40年代後半 完全未公開の北海道のSL映像が鮮やかによみがえる

 昭和40年代、消えゆくSLの姿を追って全国で撮影された貴重な8丱侫ルムから、北海道の大自然を爆走する貴重な映像を発掘。路線別に再構成して紹介する。

江差線・函館本線 江差線では五稜郭機関区のC58が旅客・貨物を牽引。函館本線では貨物と一部の旅客列車をD51が牽引していた。急行「ニセコ」牽引機はC62からすでにDD51に置き換えられ、全国最後の1両となったC623は昭和48年まで活躍した。
岩内線・胆振線・瀬棚線 岩内線の貨物列車は9600が牽引。小沢駅からはD51と重連となり函館本線・倶知安まで直通した。胆振線でも9600が、瀬棚線ではC11が貨物列車を受け持った。
室蘭本線・日高本線・広尾線
留萠本線・羽幌線
長万部駅で函館本線から分岐する室蘭本線も貨物列車はD51が担当。内浦湾沿いに敷設されていた礼文ー大岸間の旧線を行く。日高本線ではC11が、広尾線では9600が貨物を牽引。留萠駅構内では入換作業に9600が、羽幌線では石炭輸送にD51が従事した。
石北本線・宗谷本線・名寄本線
留萠本線・羽幌線
石北本線の映像は、D51が北見客貨車区配置のラッセル車を押す除雪列車。宗谷本線では、旅客列車は主にC55が、貨物列車はD51が牽引した。塩狩峠越えにDD51の後補機を連結。天北峠が控える名寄本線では、一部列車が9600の重連で臨み、下り列車は「トンボ重連」で運転された。
釧網本線・標津線 流氷のオホーツク海沿いを走る釧網本線の列車は、北見機関区・釧路機関区のC58が旅客・貨物ともに担当。タンチョウが姿を見せる釧路湿原を混合列車が行く。標津線では釧路機関区のC11が活躍。
根室本線 独特の車窓風景が展開し、国後島も遠望する根室本線では、昭和49年まで、釧路機関区のC58が旅客・貨物を牽引した。
撮影・監修 上杉 茂樹
構成・演出 宮地 正幸
制作 株式会社 動輪堂
上杉茂樹氏 略歴 川崎市在住。昭和24(1949)年生まれ。「モノクロームの列車たち」シリーズの撮影者兄弟の弟。兄に誘われて蒸気機関車の撮影に同行したのをきっかけに、蒸気機関車と撮影の魅力に取り付かれ、以来全国各地への大撮影旅行を繰り返した。現在はフォトグラファーとして活躍中。

 

※予約商品のご注文につきまして
クレジットカード決済は、商品注文確定時に行います。発売日前の予約商品に関しましては、お手元に届く前にご利用のクレジットカード会社からお客様へご請求が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

商品コード : DR-4189
価格 : 3,780円(税込)
ポイント : 189
数量
 

税別5,000円以上お買い上げで送料無料!

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ