トップ > DVD[鉄道] > 鉄道アーカイブ > よみがえる総天然色の列車たち 第1章 福島特別篇 宮内明朗8ミリフィルム作品集

よみがえる総天然色の列車たち 第1章 福島特別篇 宮内明朗8ミリフィルム作品集

品番: DR-4191 ドルビーデジタル 80分 2012年3月10日発売


fukushima_03.jpg

 常磐線

東北地方太平洋沖地震とそれに伴う津波や、福島第一原子力発電所の事故による警戒区域 の指定で不通となった区間を行く列車たち。昭和42年の電化以前、平―岩沼間では、寝台特急「ゆうづる」をはじめとする大部分の旅客列車は、日本最大の旅 客用機関車C62形など蒸気機関車が牽引。一方、上野―青森間の特急「はつかり」は日本初の特急用気動車キハ81系で運転されていた。

C60形・C61形・C62形・D51形・EF80形・寝台急行北上・急行みちのく・キハ81系特急はつかり・寝台特急ゆうづる・急行第4十和田・急行臨時みちのく・急行臨時十和田・キハ58系急行そうま・583系特急はつかり


磐越東線

D50形から改造されたD60形が、旅客・貨物双方の先頭に立って活躍。

D60形


川俣線

「赤字83線」に選定されて昭和47年に廃止となったローカル線。貨車と客車を共に連結する混合列車が運転された。

C12形


奥羽本線

板谷峠越えの福島―米沢間は直流電化の時代。キハ82系の特急「つばさ」にEF16形の補機が連結された。

キハ82系特急つばさ・EF16形


磐越西線

「川線」と呼ばれる会津若松―新津間で旅客列車を牽引するC57形。現在も活躍する1号機や180号機の姿も。

C57形・D51形・C11形


会津線

桑原駅周辺の区間はダム建設により後に付け替えが行われ、消滅。一部の貨物列車には後補機を連結する一方、貨物がなく、緩急車のみを牽引する列車も。

C11形・キハ23系


只見線

ダム湖が広がる只見川沿いの路線。山峡に汽笛がこだまする。

C11形・キハ23系


 この作品は、かつて撮影された8ミリフィルム映像を編集したものです。一部、当時の撮 影環境に起因する見づらい場面、フィルムのキズや経年化に よる退色・変色が発生している場面などがありますが、いずれも現在では撮影することができない、たいへん貴重な映像ですので、そのまま使用している箇所が あります。

映像の一部に既刊「よみがえる総天然色の列車たち 宮内明朗8ミリフィルム作品集」等や他社作品と重複する映像が収録されています。

この作品の売上の一部は、東日本大震災の義援金として寄付いたします。

商品コード : DR-4191
価格 : 4,104円(税込)
ポイント : 205
数量
 

税別5,000円以上お買い上げで送料無料!

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ