トップ > DVD[鉄道] > 鉄道アーカイブ > よみがえる総天然色の列車たち 第2章11

よみがえる総天然色の列車たち 第2章11

ローカル私鉄・中日本篇 奥井宗夫8ミリフィルム作品集 
品番: DR-4171 ドルビーデジタル 81分 2013年1月21日発売

 

yomi2-11_01.jpg

静岡・山梨・愛知・三重・滋賀・富山の9社各線生え抜きや、関東大手私鉄などから譲渡された懐かしき車両たちが、失われた鉄道風景とともに鮮やかによみがえる。(昭和34年〜昭和58年撮影)

 

yomi2-11_02.jpg

静岡鉄道

駿遠線は当時日本最長の軽便鉄道で全長64.6km。人力による入換や、木造の大井川橋梁など、前時代的とも言える光景が展開する。東海道新幹線を跨ぎ越す静岡清水線では、後に福井鉄道に譲渡された300系が1000系とともに活躍。

 

遠州鉄道

地上時代の新浜松駅を出発した列車は東へと向かい、遠州馬込駅でスイッチバック。遠鉄浜松駅付近から進路を北へと変える。

 

岳南鉄道

元小田急のED28形や元松本電気鉄道のED40形など、各地から集結した電気機関車が貨物輸送を担う。一方、旅客輸送には元小田急1600形をはじめ様々な経歴を持つ、モハ1100形やモハ1600形などの旧型車が活躍。

 

富士急行

日本初のWNカルダン駆動車3100形のほか、国鉄から165系急行「かわぐち」などが快速として乗入れて観光客輸送に従事。旧型国電の7000形や、元小田急1900形の5200形などが急勾配に臨む。

 

豊橋鉄道

親会社名鉄の前身・愛知電気鉄道はもとより、西武鉄道・小田原急行鉄道・帝都電鉄・豊川鉄道・長野電鉄・神中鉄道・田口鉄道など、多彩な履歴の電車や電気機関車が居並ぶ。

 

三重交通松阪線

凸型電機や電動車がダブルルーフの付随車を牽引したナローゲージの路線。昭和39年に廃止の日を迎え、犬釘を抜く神事が行われる。

 

三岐鉄道

旺盛な貨物輸送の主役は、昭和29年の電化以来活躍を続けるED45形。アメリカ生まれのED22形はスイッチャーとして支援する。旅客列車は近鉄富田駅のほか、国鉄と接続する富田駅からも発着。生え抜きのモハ120形・クハ210形とともに、西武鉄道出身の501系も従事。

 

近江鉄道

ED14形・ED31形・ロコ1100形・ED4000形など現在も保存される電気機関車群が、本線の貨物牽引に入換にと現役で活躍。少数派のディーゼルDD45形は専用線を担当する。親会社の西武カラーを纏う元京浜急行電鉄デハ400形や、「近江形」モハ1形・クハ1213形、主力の500形、私鉄では貴重な郵便荷物車モユニ10形など電車も多彩。

 

富山地方鉄道

旧型車に混じってモハ14760形が活躍を始め、本線・立山線には名古屋鉄道キハ8000系が特急「北アルプス」として乗入れる。富山新港の建設で分断された射水線は乗客が激減。廃止の影が忍び寄る。

 

 

ナレーター : 子守康範

撮影・監修 : 奥井宗夫

監修 : 宮澤孝一 山邊誠
構成・演出 : 宮地正幸

 

【奥井宗夫氏  略歴】
三重県松阪市在住。昭和11(1936)年生まれ。23歳で8ミリカメラを手にして以来、鉄道車両を追って日本各地を行脚。青果業を営むかたわら、四半世紀以上にわたって撮り集めたカラーフィルムは約280本にもおよぶ。松阪レールクラブ会員。

 

制作:株式会社 動輪堂

商品コード : DR-4171
価格 : 4,104円(税込)
ポイント : 205
数量
 

税別5,000円以上お買い上げで送料無料!

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ