トップ > ベストセレクション厳選21作品 > SLあそBOY 栄光の軌跡【ビコムベストセレクション】

SLあそBOY 栄光の軌跡【ビコムベストセレクション】

品番:DL-4475 ドルビーデジタル 60分+10分 2003年6月発売 2013年10月21日発売
2003年6月発売作品『DR-4116』と同じ内容です

鉄道の歴史は、列車たちの交代の歴史でもあります。
このシリーズは、JR発足後に去っていった列車たちの姿を、厳選された貴重な映像で綴ります。その姿を、いつまでも語り継ぐために・・・

33.3‰の急勾配を大正生まれの蒸気機関車
58654号機が駆け登る
 58654号機は1922年(大正11年)に製造され、九州各地で活躍した後1975年に引退。引退後は矢岳駅構内のSL展示館に保存されていたが、SL小倉工場で復元され1988年8月28日、観光列車『SLあそBOY』の牽引機として復活、JRの中で最も古い営業用車両となった。
 SLあそBOYは雄大な阿蘇をたくさんの観光客を乗せて駆け抜けた。しかし車体の老朽化を食い止める事は出来ず、復活から17年目の2005年8月28日限りで惜しまれながらも引退した...。
 映像はこの17年間を振り返る。大量の蒸気を吹き上げる冬期の運転。外国の蒸気機関車に似せたダンディーなダークグリーンの塗色。カントリーが流れるウェスタン調の楽しい車内など、遊び心溢れるSLあそBOYの魅力に迫る。
 更に、JR小倉工場で行なわれた引退前最後のオーバーホールは必見。解体から試運転までの3ヶ月間を密着取材。車体はバラバラに解体され、巨大なボイラーがつられていく。広く並べられた数々の部品には圧倒される。
 復活初日から最終日のセレモニーまでの17年間を様々な角度から紹介した永久保存版。

4116a.jpg4116b.jpg
4116c.jpg4116d.jpg

■内容 
*58654号機復活初日
*美しい阿蘇の風景
*ダークグリーンの塗色(1992〜1999年)
*立野3段式スイッチバックを登る迫力の走行シーン
*イベント列車(SLクロスロードふくおか号、SLかんざき菜の花号など)
*小倉工場での整備風景
*SL人吉号最終日
*SLあそBOY最終日
*技術者や機関士、宮地駅長などのインタビュー

■映像特典
『58654号機復活前の試運転や最終日などを含む本編未収録走行シーン』

※在庫が無くなり次第、販売終了となります。

商品コード : DL-4475
価格 : 2,052円(税込)
ポイント : 102
数量
 

税別5,000円以上お買い上げで送料無料!

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ