トップ > DVD[ベストセレクション] > 走り去った寝台特急たち【ビコムベストセレクション】

走り去った寝台特急たち【ビコムベストセレクション】

品番:DL-4303 ドルビーデジタル 105分+映像特典10分 2013年11月21日発売
2006年3月発売作品『DR-4323』と同じ内容です。 

4323x.jpg
4323a.jpg4323b.jpg4323c.jpg
4323d.jpg4323e.jpg4323f.jpg

 かつて華々しく活躍し、一世を風靡した寝台特急。ヘッドマークを誇らしげに掲げた機関車につづく青い寝台車。大きな荷物を抱えた旅人が見送りに来た人と別れを惜しむターミナル駅から、目的地をめざして次々と発車してゆく。大都市からは長崎・南宮崎・出雲市など、地方からは東京・新大阪といった表示を見るだけでも旅情を感じたものだ。しかし新幹線や航空網、高速道路網の整備が進む現在では、長距離、しかも夜を徹して列車に揺られるということ自体、時代遅れの感が否めない。そのような風潮のなか、役目を終えたと判断された列車たちは、惜しまれつつも走り去ってゆく。
 この作品は、レイルリポート95号までで紹介した、近年廃止された寝台特急の映像をまとめ、その最後の姿を永久に遺すための総集編である。

*さよなら『佐世保さくら』(RR58より)
 東京〜長崎・佐世保の運転だった寝台特急『さくら』だが、1999年12月4日ダイヤ改正で佐世保編成が廃止され、長崎編成も東京〜鳥栖は『はやぶさ』との併結運転となった。ダイヤ改正前の『さくら』と『はやぶさ』の走行シーン、肥前山口駅での佐世保編成と長崎編成の分割・併合の様子、肥前山口−佐世保間に乗車しての車内の様子、早岐駅での方向転換の様子など。改正後は『さくら・はやぶさ』併結ヘッドマークを付けての走行シーン、鳥栖駅での分割の様子、単独の走行シーンなどを紹介。編成を変更した『富士』も紹介。

*さよなら寝台特急『さくら』『あさかぜ』(RR89・90より)
 東京〜長崎の『さくら』と、東京〜下関の『あさかぜ』は、2005年3月1日ダイヤ改正で廃止された。上り『さくら』と下り『あさかぜ』の乗車ルポ、最終日の様子、改正後の『富士・はやぶさ』など。

*さよなら寝台特急『彗星』(RR93より)
 京都〜南宮崎の『彗星』。関西対東九州唯一のブルートレインとして京都〜門司間で『あかつき』との併合運転を行っていたが、2005年10月1日ダイヤ改正で廃止された。乗車ルポと多数の走行シーンでその廃止を惜しむ。

*さよなら『利尻』『夜行オホーツク』『出雲』(RR95より)
 2006年3月18日ダイヤ改正で、札幌〜稚内の『利尻』、札幌〜網走の『夜行オホーツク』が臨時列車に格下げされ、東京〜出雲市の『出雲』が廃止された。イメージカットを中心に、かつての映像なども挿入し別れを惜しむ。

■映像特典
『姿を変えた九州ブルートレイン 本編未使用カット集』

※在庫が無くなり次第、販売終了となります。

商品コード : DL-4303
価格 : 2,052円(税込)
ポイント : 102
数量
 

税別5,000円以上お買い上げで送料無料!

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ