トップ > ブルーレイ[鉄道] > ありがとう 58654号機 ラストラン展望 博多〜熊本【4K撮影作品】【ブルーレイ】【予約】

ありがとう 58654号機 ラストラン展望 博多〜熊本【4K撮影作品】【ブルーレイ】【予約】

品番:VB-6857
音声:リニアPCMステレオ/1音声
収録時間:244分+特典22分(予定)
発売日:2024年8月21日
※降雨・煤・振動の影響により見づらい箇所がありますが、ラストランの貴重な映像のためそのまま使用し ています。

 現役最古の蒸気機関車「8620形58654号機」ついにラストラン!
1922年11月18日に誕生した「8620形58654号機」は、通称「ハチロク」と呼ばれ親しまれた。長崎県の浦上機関区に配属された後、福岡、鹿児島、大分、佐賀、熊本の九州各県で活躍した。製造から101年を迎えた車体の老朽化に加え、部品や整備士の確保が困難になり、運行を終えることになった。2024年3月23日、SL人吉は博多駅と熊本駅間で最後の営業運転、ラストランを迎える。
 JR博多駅では盛大に出発式が行われ、最後の雄姿を見届けようと大勢の鉄道ファンが駆けつけた。SL人吉は出発の合図を受けて甲高い汽笛と蒸気をあげながら、熊本駅に向けて出発。沿線には別れを惜しむ地元住民や鉄道ファンの姿が次々と視界に入ってくる。長崎本線の分岐点となる鳥栖駅を過ぎると九州新幹線と並走。九州一の大河・筑後川を渡ると筑紫平野最大の都市・久留米へ。のどかな田園が広がる筑紫平野を進み、さらに南下すると、かつて炭鉱で栄えた大牟田へ。三池鉄道の廃線跡から当時の面影を感じつつ、県を跨ぎ熊本県へ。長洲からは東に方向を変え温泉の街・玉名駅に停車。ここからはノンストップで終点を目指す。通過する駅のホームや沿線ではSL人吉を見守る人々が途切れることがない。田原坂を駆け抜け、崇城大学前を過ぎると再び九州新幹線と並走しながら、大勢のファンが待つ終点の熊本駅へ到着する。

撮影日 2024年3月23日
撮影車両 臨時快速9323
博多〜熊本
博多(13:42発)〜熊本(17:38着)
映像特典 回送展望(熊本〜熊本車両センター)

※予約商品のご注文につきまして
クレジットカード決済は、商品注文確定時に行います。発売日前の予約商品に関しましては、お手元に届く前にご利用のクレジットカード会社からお客様へご請求が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

商品コード : VB-6857
価格 : 6,600円(税込)
ポイント : 330
数量
 

税込5,000円以上お買い上げで送料無料!

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ